むくみを解消する

By wenthome

<特別広告>|経営コンサルティング企業|壁一面の本棚|自由ヶ丘のマツエクサロンなら|品川のエステならfeela|バイクのコーティングが出来る店|

 

立ちっぱなしや座りっぱなしの姿勢でいると、どうしてもむくみやすくなるのが女性の悩みのひとつですよね。高いヒールの靴を履いているときなども、やはり足がむくみやすくなってしまいます。

むくみの原因には、血液やリンパのながれが悪くなっていることが挙げられます。つまり、血液やリンパを正常に流してあげることが、むくみ改善の一番の方法。

とはいえなかなか自分でマッサージするだけではむくみが解消されないというお悩みもよく聞きます。そこでガンコなむくみは、自由が丘のエステティックサロンにヘルプ!

体内の老廃物を体外に排出するデトックスやリンパドレナージュ、ゲルマニウムを使った温浴などを効果的に組み合わせていくことで、むくみは改善されていきます。

1回のエステでももちろん効果が見られるケースが多いのですが、むくみは日常生活のなかでどんどん生じてしまうものですから、「1回改善したらそれで終わり」というものではありません。放っておくとセルライトの原因にもなりますので、むくみのひどい方はエステを上手に利用してみてくださいね。

何歳になっても若く美しくあるためには、肌の表面的なことだけでなく、体内から美しくなることも忘れてはなりません。たとえば女性の場合なら、これからの季節は特に、冷えに注意することが肝心。身体が冷えているということは血のめぐりが悪いということであり、それは全身に充分な酸素や栄養素が運ばれていないということになります。身体の冷えやすい方は、特にこの時期は腹巻をしたり、首元にストールを巻くなどの対策を忘れず、冷えから身体をしっかりと守ってあげることが大切です。もちろん、適度な運動も必須。汗を流すことはむくみの改善や便秘などの解消にも繋がるため、肌のくすみやニキビ予防にもなるのです。筋肉は体の保温効果を上げる役割も果たしますので、運動によって筋肉をつけることも忘れないようにしましょう。
さらに食事では、バランスよく栄養を摂取すること。野菜は緑黄色野菜のように色の濃い野菜を中心に、フレッシュなフルーツもたっぷりといただくようにしましょう。

また目元や口元は、年齢とともに特に気になる場所ではないでしょうか。とりわけ目元は皮膚が薄いため乾燥しやすく、しかも血管が透けて見えるため、皮膚の下の血行が滞ったりすればすぐにクマとなって現れたりする厄介な場所。エイジング肌になればなるほど保湿に気を配り、睡眠などもしっかり確保できるようにしたいものですよね。時間がなくても、せめて目の周りだけは保湿パックなどをするようにしましょう。
目元専用のクリームを上手に利用するのもおすすめ。薬指に米粒2~4粒分程度のアイクリームを乗せ、両手の薬指を合わせるようにして温めます。それから右手で左のこめかみを斜め上に引き上げ、シワを伸ばすような要領でアイクリームを塗りましょう。上瞼、下瞼、こめかみ、というように目の周りを取り囲みながら塗ると、しっかりシワの奥までクリームを塗ることができます。クリームを延ばす際は、強くこすらないように注意。下瞼は目尻から目頭向けて塗り、上瞼は目頭から目尻に向けて指を動かしてくださいね。
こうしたホームケアのほか、時間や経済的な余裕があれば、エステティックサロンでのスペシャルケアもおすすめです。

 

<特別広告>

|高崎の司法書士事務所に相談|マンツーマン英会話のレボ|SEOアクセスアップ相互リンク集|スマホアフィリエイト|サプリメントの選び方|ショッピングカート|自動相互リンク集GF|童話の世界|seo対策|pagerankexplore|童話|ページランク表示

 

You must be logged in to send a comment.

最近のコメント

    カテゴリー