紫外線カットは体の内側からも

By wenthome

紫外線対策といえば、日焼け止めクリームなどを肌に塗布したり、あるいは日傘や長そでのカーディガンを羽織るなどの工夫でカットするのが一般的ですよね。ですが忘れてはならないのが、体の内側からのコントロール。

日ごろから抗酸化作用のある食材を積極的にいただくようにすることで、紫外線を浴びてしまっても、その影響が出にくくなるのです。

まず、抗酸化作用のある代表選手といえばビタミンCのほか、ポリフェノール、アスタキサンチンもなど。これらはアンチエイジング効果もあるということで知られています。

こうした食材を常に摂取しておくと、仮に紫外線を浴びすぎてしまっても肌が再生する力がついていますので、日焼けのダメージが小さくて済むというわけです。

また素肌を守る紫外線対策としては、目から入ってくる光にも注意が必要。目は強い光を感じると、紫外線を浴びていると認識して、体の防御反応としてメラニンをたくさん作ります。しかしサングラスで目から入ってくる光の量を調整することで過剰なメラニン生成が抑えられますので、シミにもなりにくいのです。

You must be logged in to send a comment.

最近のコメント